そろそろインフルエンザになる方が増えてきています

気温もかなり下がってきたこの時期。

インフルエンザにかかる方が増えてきています。今年は昨年同様に11月頃から感染が拡大すると予測されています。

インフルエンザの感染ルート

インフルエンザは咳、くしゃみ、せき、つばなどのしぶきと共に放出されたウイルスを、鼻や口から吸い込む事によって感染します。

また、飛び散ったインフルエンザウイルスが付着したものを手で触れその手で、鼻や口、目などを触って、インフルエンザに感染することがあります。

また、空気が乾燥すると、喉の粘膜の防御機能が低くなるため、インフルエンザにかかりやすくなります。

予防

感染予防はもちろん、インフルエンザを拡散させないためにも、感染者や周りの方々がマスクをする事が効果的です。

飛散したウイルスを触ってしまってる場合もあります。そのため手洗いやうがいも有効です。

乾燥しやすい冬場の室内では、加湿器などを使って50~60%の湿度に保つことも効果的です。

インフルエンザの潜伏期間は1~2日で、発症する1日前から発症後5~7日頃まで周囲の人にうつしてしまう可能性があります。特に発症日から3日間ほどが最も感染力が高いと考えられています。さらに、熱が下がってもインフルエンザの感染力は残っていて、他の人に感染させる可能性があります。個人差はありますが熱が下がって2日程度は感染の可能性があるとされています。その間も周りに感染させないように注意しましょう。

自宅は、もちろん公共の施設や乗り物などは、多くの方と空間を共にしたり触れたりしています。過剰は反応はしなくて良いと思いますが、そういった場に行くことが多い方は特にこれからの時期、感染予防に心がけてください。着る前の服やマスク、公共の人が触れるもの、例えはトイレのドアノブなどにアクアコートSを散布することも有効です、散布することで除菌効果や服などの場合、抗菌効果も発揮しますので、飛散したウイルスが服についても死滅します。

除菌 抗菌 防カビ 消臭剤 アクアコートS