お風呂の黒カビ ピンク汚れにお困りの方、多いですよね

どうしてもカビが発生しやすいお風呂場。いつも綺麗にしていても気を抜くとすぐカビやピンク汚れ場合によってはミドリコケも生える場合があります。特に暖かい時期で、しとしと雨や曇りの多い時期や乾燥しにくい日が続けば特に発生しやすい厄介ものです。

 

カビの発生原因

まずカビの発生しやすい条件として 温度 湿度 栄養元 酸素のがカビにとって好条件になるとカビは発生します。

発生の好条件とは

温度  20~30度 (繁殖が少なくなるが約0度~50度程度の温度まで生息しています)

湿度  60%以上’(特に80%を越えるともっとも発生しやすくなります)

栄養  皮脂 石鹸 シャンプー ピンク汚れ 他汚れ全般

などがそろえば繁殖します。お風呂場での条件としては全てが当てはまりますよね。

 

カビはピンク汚れも栄養にもしている

ピンク色で少しヌルヌルする汚れ。ご家庭のお風呂場や排水口などで見かける事がありますよね。

これは実は酵母のなかま、ロドトルラ・ルブラと言う菌で単なる水垢ではないのです。

石鹸カスや皮脂、シャンプーの飛び散りなどの栄養があればカビより早く発生します。ピンク汚れは擦り洗いで簡単に取れますが菌自体は実は取れてないのです。

汚れを取ってから除菌をしないと又発生してきます。

カビの発生を抑える

 

カビが発生している場合は、市販されているカビ取り剤で綺麗にしてから。栄養源である汚れなどを綺麗にします。

そして窓開けや換気扇などで浴室内を早く乾燥するようにしましょう。出来る限りぬれたタオルや乾きにくい湿度の持ったものを置かないようにするなど、室内の湿度を下げるのが重要です。

ゴムパッキンに発生したカビは中まで入り込んでいる場合があります。この場合はなかなか市販のカビ取り剤でも取れないのでは表面をカビ取りしてから再度、専用の塗料などで塗り直す方法がいいとおもいます。

 

綺麗を維持するには

毎日の対策として浴室乾燥や掃除はしていてもどうしても時期や天気によっては発生してしまします。市販のカビ取り剤は除菌、漂白効果はあっても抗菌効果はありません。

 

アクアコートSをお風呂のカビ予防に使っていただいてるお客様から使い始めて半年たつけど、今のところカビが出てないよ。とのお話をうかがいました。

アクアコートS除菌 抗菌 防カビ 消臭 コケの発生を抑える効果があります。もちろんピンク汚れの残った菌にも効果があります。

 

アクアコートSの使用の注意点

散布していただくと菌は死にますが、漂白効果は無いので黒カビなどの汚れは取れません。漂白効果のある市販のカビ取り剤で綺麗にしてからお使いください。

アクアコートSは水溶性ですので結露や水がかかるなどした場合流されてしまいます。使った後には毎回散布していただき、できる限り湿気を取ってから、もしくは湿気が多い場合は多めの散布を行ってください。特に出やすいところは多めの散布が効果的です

 

日頃の換気やお掃除でカビの発生条件をなくすと同時に除菌 防カビ予防効果のあるアクアコートSで日頃のお風呂掃除が楽になっていただけます。

 

アクアコートS 除菌 抗菌 防カビ 消臭剤