手軽なアルコール消毒。臭いが苦手な方多いですよね。

一般的に広く消毒液として使われているアルコール消毒

アルコール消毒液ははさまざまなウイルスや細菌に効果があり、手に入りやすい事から一般家庭や飲食店でポピュラーに使用されています。

 

 

アルコール消毒の臭い

アルコール消毒はドラッグストアーはもちろん最近ではコンビニなどいろんな所で手に入れる事が出来ます。

多くのウイルスや細菌に効果があり、人体にも影響が少ないのでろんな所で使われています

揮発性が高く乾きやすいのも特徴です。人によっては肌に付けた時、乾く瞬間ののスゥーとするのが除菌した実感があると言う方もおられます。

 

しかし、スプレーした時の臭いが苦手な方も多いようです。

消毒用エタノールは未変性アルコール(無水エタノール)を70~80%に薄めたものが菌などにもっとも効果があるとされています。

日本酒で15%程度、焼酎やウイスキーは25%や35%のものもあります。それと比べてアルコール消毒は70~80%の濃度がありスプレーした時のアルコールの臭いがした時点で、鼻の粘膜や口から吸い込んでいます。

多くを吸い込んだ瞬間くらくらするのもお酒に酔った状態だと考えられます。

人によってアルコールの分解能力は違いますので一概には言えませんが、多くを吸い込まないようにするのが懸命です。

 

アルコールの臭いとは別に違う臭いがすると言う方もおられますがアルコールと別の除菌剤の混用液の場合も考えられます。

場合によっては古くなったアルコール消毒の場合、アルコールが蒸発して薄めてある精製水が痛んで臭う場合もあります。

 

混用液や古くないかを調べる事が臭いの原因にたどり着くかもしれません。

 

アクアコートSは除菌・抗菌効果がありながら、アルコールを含んでおらず匂いがありません。アルコール消毒が苦手な方におすすめです。

アクアコートS 無香タイプ