主な殺菌消毒剤の使用可否及び有効菌種

消毒対象物に使用の可否

消毒剤 血液 蛋白 排泄物 機器・器具 環境
金属 非金属
アクアコート・アクアコートS
グルタルアルデヒド ×
次亜塩素酸ナトリウム ×
クレゾ-ル
消毒用エタノ-ル × × ×
イソプラパノ-ル × × ×
ヨ-ドホ-ル × × × × × ×
グルコン酸クロルヘキシジン × × ×
塩化ベンザルコニウム × × ×
両性界面活性剤 × × ×
フェノ-ル
ホルマリン
  • ○ 使用可
  • △ 使用できるが他を選択したほうがよい
  • × 使用不可

微生物に対する抗菌力

消毒剤 一般細菌 MRSA グラム陰性桿菌 梅毒 結核菌 真菌 芽胞菌
感受性菌 耐性菌
アクアコート・アクアコートS
グルタルアルデヒド
次亜塩素酸ナトリウム
クレゾ-ル ×
消毒用エタノ-ル ×
イソプラパノ-ル ×
ヨ-ドホ-ル
グルコン酸クロルヘキシジン × × ×
塩化ベンザルコニウム × × ×
両性界面活性剤 × ×
フェノ-ル ×
ホルマリン
  • ○ 使用可
  • △ 使用できるが他を選択したほうがよい
  • × 使用不可

アクアコート・アクアコートS フィールドテスト

試験試料内容 検体(1) MRSAに感染した患者を手術した後の床をアクアコート(S)に浸漬し清拭したモップ
試験結果 検体(1) サッカロミセス セレビシ 100 >
試験試料内容 検体(1) 市販のタオルをアクアコート(S)に浸漬
検体(2) ブランク
試験菌と初発菌数 黄色ブドウ球菌 初発菌数 1.2×106
試験法 24HR後の生菌数
試験結果 24HR後の生菌数 検体(1) 10 >
検体(2) 1.3 × 107
試験試料内容
(入院患者清拭用タオル)
検体(1) リネン業者滅菌タオル納入直後
検体(2) 同タオルを水道水に浸漬したもの
検体(3) 検体(2)を蒸気式保管したもの
検体(4) 同タオルをアクアコート(S)に浸漬し、蒸気保管したもの
試験結果 検体(1) クラドスポリウム サファエロスペルマ 10 >
ミクロスポラム キャニス 100 >
検体(2) トリコフィートン メンタグルフィテス 100 >
サッカロミセス セレビシ 1.8×102
検体(3) トリコデルマ ビリディ 2.7×102
トリコフィートン メンタグルフィテス 10 >
アスペルギルス ニガー 10 >
検体(4) 検出菌なし