Fungi (真菌)

1 アルタルナリア アルタナータ (Alternaria alternata) 喘息・アレルゲン(焼酎、泡盛の醸造)
2 アスペルギルス ニガー (Aspergillus niger) 黒麹カビ、肺アスペルギルス症、
外耳道・耳真菌症
3 アスペルギルス オリザエ (Aspergillus oryzae) 黄麹カビ
4 アスペルギルス フラーブス (Aspergillus flavus) アフラトキシン生産菌(肝ガン)
5 アスペルギルス バーシカラ (Aspergillus versicolor) ステリグマトシスチン生産菌(肝ガン)
6 アスペルギルス フミガータス (Aspergillus fumigatus) 真菌症・アレルゲン
化膿牲壊死性あるいは肉芽腫性の病変
7 アスペルギルス ニデュランス (Aspergillus nidulans) 爪真菌症,まれにマズラミコ?シス
8 アスペルギルス グラウカス (Aspergillus glaucus) 麹・草色カビ、耳真菌症
9 アスペルギルス テレウス (Aspergillus terreus) 日和見病原性菌(外耳道真菌症)
アスペルギルス症
10 アスペルギルス ウェンティ (Aspergillus wenii)  
11 アスペルギルス レストリクタス (Aspergillus restrictus)  
12 アスペルギルス オクラセウス (Aspergillus ochraceus) オクロトキシン生産菌(肝ガン)
13 アスペルギルス クラバツス (Aspergillus clavatus) マイコトキシン生産菌(神経障害)
抗生物質patulin生産
14 アスペルギルス ウスタス (Aspergillus ustus) マイコトキシン生産菌(肝ガン)
15 アスペルギルス カンジダス (Aspergillus candidus) マイコトキシン生産菌(腎ガン)
16 アスペルギルス パラジティクス (Aspergillus parasiticus) アフラトキシン生産菌(肝ガン)、落花生
17 アエロバクター アエロゲネス (Aerobacter aerogenes)  
18 アスペルギルス ラチェンシス (Aspergillus luchensis)  
19 アブシディア グラウカ (Absidia glauca)  
20 アルタルナリア テヌイス (Alternaria tenuis) 川崎病アレルゲン、気管支ぜんそく、肺疾患
21 アルカリゲネス フェーカリス (Alcaligenes faecalis) [院内敗血症]
病院内環境、血液、痰、尿検体などから分離
22 アルカリゲネス ビスコラクティス
(Alcaligenes viscolactis)
23 アルタルナリア カンジダス (Alternaria candidus) [穀類汚染アレルゲン]
空気中から容易に検出:植物病原性アレルゲン
24 アルタルナリア ブラシコラ (Alternaria brassicicola)
25 アウレオバシジウム プルランス (Aureobasidium pullulans) 日和見病原性アレルゲン・好アルコール
26 ボトリティス サイネラ (Botrytis cinera) 植物病原菌
27 カンジダ アルビカンス (Candide albicans) カンジダ症
28 セレスポーラ ベティコラ (Cerespora beticola)  
29 クラビセプ パーピュレアー (Claviceps purpurea) 植物病原菌、ライ麦のバッカク原因菌
30 カレトトリカム トリフォーリー (Colletotrichum trifolii)  
31 セラトシィスティス コラ (Ceratocystis cora)  
32 ケトミウム クリバセウム (Chaetomium clivaceum)  
33 ケトミウム グラボサム (Chaetomium globosum) アレルゲン(木材・繊維・紙の劣化)
34 クラドスポリウム クラドスポリオイダス
(Cladosporium cladosporioides)
アレルゲン(基材の劣化汚染)、
植物病原性アレルゲン
35 クラドスポリウム サファエロスペルマ
(Cladosporium sphaerospermum)
36 クラドスポリウム ハーボラム (Cladosporium herbarum) 植物病原性菌(好湿性)
37 カレトトリカム リンデマチナム (Colletotrichum lindemuthianum)  
38 セラトシスティス アルミ (Ceratocystis ulmi)  
39 カンジダ アキュータス (Candida acutus) ヒトから分離される事はまれ
(カンジダ症で最も頻度の高い原因菌は、カンジダアルビカンス)
40 カンジダ アティリス (Candida utilis)
41 ミクロスポラム オーデュイニ (Microsporum audouini) 皮膚糸状菌(オーデュイニ小胞子菌)
頭部白癬
42 クリプトコッカス ラティアラス (Cryptococcus lutealus) クリプトコッカス症原因菌
43 クリプトコッカス ネオフォーマン
(Chyptococcus neoformans)
クリプトコッカス症原因菌(鳩・ねずみの糞)
44 クラドスポリューム レジナエ (Cladosporium resinae) アレルゲン(好湿性・アルミを腐食)
45 クリプトコッカス アルビダ (Cryptococcus albidas) クリプトコッカス症原因菌
46 ケトミウム クリバシウム (Chaetomium clivaceum)  
47 ダクティリウム デルドロイデス (Dactylium derdroides)  
48 ディプロディア ナタレンシス (Diplodia natalensis) ディプロディア中毒症
49 ユーロチウム タネフィラム (Eurotium tonophilum) 電線・皮革に発生しやすい
50 エピコッカム パーパラセン (Epicoccum purpurascens)  
51 フザリウム セミテクタム (Fusarium semitectum) 角膜真菌症原因菌(角膜真菌症・視力障害)
52 フザリウム オキシスポラム (Fusarium oxysporum) 日和見病原性菌(循環器障害・生殖器障害)
糸状菌性角膜炎→失明原因
53 フザリウム ボセウム (Fusarium voseum)  
54 フザリウム ソラニ (Fusarium solani) 造血障害菌(循環器障害・生殖器障害)
糸状菌性角膜炎→失明原因
55 フザリウム ロゼアム (Fusarium roseum) マイコトキシン(循環器障害・生殖器障害)
56 フザリウム モニリフォルメ (Fusarium moniliforme) 角膜真菌症原因菌(角膜真菌症)
野菜腐敗菌
57 フザリウム ニバレ (Fusarium nivale) フザリウム属 日和見感染菌
58 フザリウム アベナシューム (Fusarium avenaceum) 外耳真菌症、真菌性角膜炎から分離
59 フザリウム アカミノタン (Fusarium acuminatum)  
60 フザリウム プラリフェラタム (Fusarium proliferatum) 角膜真菌症原因菌(角膜真菌症・視力障害)
61 フザリウム グラミネアラム (Fusarium graminearum) マイコトキシン(フザリウム症)
62 ゲオトリカム カンディダム (Geotricham candidum) 呼吸器障害菌
63 ゲオトリカム ラクタス (Geotricham lactus)
64 グリオクラデューム ビレン (Gliocladium virens) ミルク腐敗菌(河川汚染・乳製品汚染)
65 エルミンソスポリューム スピーシーズ
(Helminthosporium sp)
 
66 ホルモデンドルム ペドロシ (Hormoderdrum pedrosoi) Fonsecaea属に入る
皮膚、皮下組織に感染し潰瘍および腫瘤を形成(クロモミコーシス)また内臓、脳なども侵す
67 レンズイティス トラバエ (Lenzites trabea)  
68 レンティナス レピデンス (Lentinus lepideus)  
69 メデュレラ マイセトミイ (Medurella mycetomii)  
70 ミクロスポーラム カニス (Microsporum canis) 感染症菌(動物体表、犬・猫に多い)
71 モニリア ラクサ (Monilia laxa) (モリニア=現カンジダ)
カンジダ症
72 モニリア フルクティガネ (Monilia fructigena)
73 モニリア ニグラ (Monilia nigral)
74 メノニエラ エキニータ (Menoniella echinita)  
75 ミクロスポラム ジプセーム (Microsporum gypseum) 若令動物病原性菌(表在性真菌症原因菌)
76 ムコール ラセモスス (Mucor racemosus) 日和見病原性菌
(食品汚染・アルコールを好む)
77 ミロテシウム バルカリア (Myrothecium verrucaria)  
78 ムコール ムセド (Mucor mucedo) ヒトに病原性なし
79 ムコール プシルス (Mucor pusillus) ムコール症(主に肺、脳、消化器、副鼻腔)
80 ウスティラゴ ゼアー (Ustilago zeae) ヒトに病原性なし
81 ニグロスポラ オリザエ (Nigrospora oryzae) 食品汚染菌
82 ベンティシリウム アルボアトラム
(Venticilliumalbo-atrum)
 
83 ワレミア セビ (Wallemia sebi) アレルゲン(高糖性食品汚染)
84 ニューロスポラ ストフィラ (Neurospora sitophila) 分生子にベータカロチン含有
85 オキューレマニアム チャルティカラ
(Ocuremonium charticola)
眼真菌症
86 ペニシリウム フリークエンタス (Penicillium frequentance) 角膜真菌症原因菌(畳・皮革に発生)
87 ペニシリウム シトリナム (Penicillium citrinum) かび毒生産菌(腎ガン)、抗生物質産生
88 ペニシリウム バリアブル (Penicillium variabile) 角膜真菌症原因菌
89 ペニシリウム パルロゼラム (Penicillium purpurogenum)  
90 ペニシリウム グローカム (Penicillium glaucum) ふつうの青緑カビ
91 プルラリア プルランス (Pullularia pullulans) 水系塗料によく発生
92 ペニシリウム ロッケファラティ (Penicillium roquerforiti) 抗生物質生産菌
93 ペニシリウム ルテアム (Penicillium luteum) 角膜真菌症原因菌
94 ペニシリウム イクパンザム (Penicillium expansum) かび毒生産菌(腎ガン・神経障害)
パチリン産生
95 ペニシリウム ピスカリム (Penicillium piscarium) 角膜真菌症原因菌
96 ペニシリウム ルグローザム (Penicillium rugulosum) マイコトキシン(肝障害)
97 ペニシリウム チクロピウム (Penicillium cyclopium) マイコトキシン(肝障害・食品汚染)
98 ペニシリウム クリソゲナム (Penicillium chrysosgenum) 抗生物質生産菌、ペニシリン産生
99 ペニシリウム シトレオビリデ (Penicillium citreo-viride) マイコトキシン(神経障害・乾燥穀物汚染)
100 ペニシリウム ナタタム (Penicillium notatum) 抗生物質生産菌
101 ペニシリウム ルブラム (Penicillium rubrum) 角膜真菌症原因菌、ルブラトコシン産生
102 ペニシリウム オクザリカム (Penicillium oxalicum) 角膜真菌症原因菌
103 ペニシリウム スピナロザム (Penicillium spinulosum)  
104 ペニシリウム ファニキュロザム (Penicillium funiculosum) 食品汚染菌
105 ペニシリウム ディジタータム (Penicillium digitatum) 柑橘類汚染菌
106 ペニシリウム イスランディカム (Penicillium islandicum) マイコトキシン(肝ガン・肝硬変)
〔含塩素をペプタイド生産〕
107 ペニシリウム ニグリカンス (Penicillium nigricans) 角膜真菌症原因菌
108 ペニシリウム リラシナム (Penicillium lilacinum)
109 ディプロディア バイティコラ (Diplodia viticol) トウモロコシの腐敗病や茎疾病
110 デバリオミセス ハンセニー (Debaryamyces hansenii) Saccharomycetaceae科の子嚢菌の1属
糖類をシュウ酸に転換する種
111 ペスタロティア アダスタ (Pestalotia adusta) 植物病原性菌(食品汚染 リンゴ・ビワ)
112 プロロコッカス スピーシーズ (Pleurococcus sp.) 肺疾患
113 ペスタロティア ネグレクタ (Pestalotia neglecta) 植物病原性菌
114 ホモシス シトリ (Phomosis citri)  
115 ペニシリウム ステッキイ (Penicillium steckii) 角膜真菌症原因菌
116 フォーマ シトリカルパ (Phoma citricarpa) 植物病原性菌(食品汚染)
117 フォーマ グロミタラ (Phoma glomerata)
118 フォーマ ピグメンティバロ (Phoma pigmentivora)  
119 ピッチア ミムブラナファシエンス (Pichia membranaefaciens)  
120 ペプトコッカス スピーシーズ (Peptococcus sp.)  
121 スクレロチニア スクレチオラム (Sclerotina sclerotiorum) 植物病原菌
122 ムコール スピネッセンス (Mucor spinescens) 急性電撃性感染症菌(アルコールを好む)
123 ムコール ルキシー (Mucor rouxii) 食品汚染菌
(果物,野菜,パンに発生,アルコールを好む)
124 ユーロチウム レペンス (Eurotium repens) 食品汚染菌
まれにヒトの肺感染症で見い出される
125 ユーロチウム ルブラム (Eurotium rubrum) 食品汚染菌
126 ユーロチウム シバリエリ (Eurotium chevalieri) 工業材料汚染菌
127 ユーロチウム アムステロダミ (Eurotium amstelodami) 食品・飼料汚染
128 ニグロスポラ スフェリカ (Nigrospora sphaerica) 食品汚染菌
129 クラドスポリウム カルパフィーラム
(Cladosporium carpophilum)
ウメの黒星病
130 グロメラータ シングラータ (Glomerella cingulata)  
131 ウロクラディウム アトラム (Ulocladium atrum) 食品汚染菌
132 ファシディフィクナス ファンフラセ
(Phacidipycnus funfuracea)
 
133 フィマタトリカム オムニバラン
(Fhymatotricum omnivorum)
 
134 ロドトルラ ラクトーサ (Rhodotorula lactosa)  
135 リノクラディエラSP (Rhinocladiella sp)  
136 リゾプス ニグリカンス (Rhizopus nigricans) 内臓真菌症原因菌
137 リゾプス オリザエ (Rhizopus oryzae[R.arrhizus]) ムコール症
138 リゾプス ストロニフェル (Rhizopus storonifer) 植物病原性菌
139 リゾプス ディレマ (Rhizopus delemar) リゾプス属はムコール目(ケカビ目)にあたる
140 リゾプス ソラニ (Rhizopus solani) 日和見病原性菌
141 リゾプス ジャバニカス (Rhizopus javanicus) 内臓真菌症原因菌
142 ロドトルラ ミムタ (Rhodotorula mimuta) 酵母
日和見感染
143 ロドトルラ ムシラジナーサ (Rhodotorula mucilaginosa)
144 スポロトリカム シェンキー (Sporotrichum shenki) [スポロトリカム症(S.shenkiによる慢性真菌症)]
皮膚、皮下組織および所属リンパ節の結節性病変
145 スティココッカス バシラビス (Stichococcus bacillavis)  
146 クロティア フルクティカラ (Sclerotina fructincola)  
147 サッカロミセス パストリアナス
(Saccharomyces pastourianus)
酵母
皮膚汚染
148 スパイカリア ボラシー (Spicaria vlolacea)  
149 スコレコバシディウム カンストリクタム
(Scolecobasidium constrictum)
 
150 シドスポリウム アビオスペルマ
(Scedosporium apiospermum)
日和見病原性菌(好湿性菌)
151 シンセファラストラム ラセモザム
(Syncephalastrum racemosum)
食品汚染
152 スタキボトリス チャルトラム (Stachybotrys chartrum) 繊維汚染
153 スポロスリックス シェンキー (Sporothrixs chenckii) リンパ管感染
154 スコプラリオプシス ブレビカウリス
(Scopulariopsis brevicaulis)
日和見病原性菌(表在性真菌症)
155 トリコヒィートン ミンタグルフィテス
(Trichophyton mentagrophytes)
体表感染菌
156 トリコヒィートン ジプセーム (Trichophyton gypseum) 体表感染菌
157 トリコヒィートン ルグラム (Trichophyton rubrum) 体表感染菌(足白癬・爪白癬)
158 トリコテシウム ロゼアム (Trichothecium roseum) マイコトキシン(食品汚染)
159 トリコデルマ ビリディ (Trichoderma viride) マイコトキシン(循環器障害・生殖器障害)
160 トリコテシューム ロゼアム (Trichothecium roseum)  
161 トリコフィートン アジュロイ (Trichophyton ajelloi) 日和見病原性菌・体表感染菌
162 トリコデルマ コニンギー (Trichoderma koningii) アレルゲン(喘息、木材・紙・繊維を分解)
163 トリコデルマ ハルジアナム (Trichoderma harzianum) 喘息、木材・紙・繊維を分解
164 タラブロス カンジダ (Tolulopsis candida)  
165 トリコスポルラム クタネウム (Trichosporum cutaneum) マイコトキシン(木材腐朽菌)
166 ニューロスポラ クラッサ (Neurospora crassa) 日和見病原性菌(赤パンかび)
167 アブシディア コリンビフェラ (Absidia corymbifera) 日和見病原性菌(食品・飼料汚染)
168 ヘルミンソスポリアム グラミム
(Helminthosporium gramineum)
 
169 アスコスフェラ アピス (Ascosphaera apis) ハチ幼虫寄性病原菌(ハチミツ汚染)
170 ビソクラシス ニベア (Byssochlamys nivea) 好湿性菌(缶詰腐敗)
171 カルバラリア ゼニキュラータ (Curvularia geniculata) 植物病原性菌(食品汚染)
172 カルバラリア ルナータ (Curvularia lunata)
173 クリソスポリウム ケラチノフィラム
(Chrysosporium keratinophilum)
日和見病原性菌(動物体表)
174 クリソスポリウム サーモフィラム
(Chrysosporium thermophilum)
日和見病原性菌(食品汚染)
175 カンジダ ギリモンディ (Candida guilliermondii) 内臓カンジダ症原因菌
176 カンジダ リポリチカ (Candida lipolytica) 表在性カンジダ症原因菌(皮膚・粘膜)
177 カンジダ ペリキュローザ (Candida pelliculose) 深在性・表在性カンジダ症原因菌(内臓)
178 カンジダ トロピカリ (Candida tropicalis) 表在性カンジダ症原因菌(角膜・爪)
179 カンジダ グラブラータ (Candida glabrata) 深在性・表在性真菌症原因菌(カンジダ症)
180 エメリセラ ニドランス (Emericella nidulans) 日和見病原性菌・マイコトキシン(肝ガン)
181 エクソフィアラ ジーシセルメイ (Exophiale jeanselmei) 日和見病原性菌
182 モナスカス ルバー (Monascus ruber) 食品汚染
183 ホモプシス フクシー (Phomopsis fukushii) 胴枯病(ナシ)
184 ピシウム ドバリアナム (Pythium debaryanum) 苗立枯病(マメ科)
185 ピシウム イレギュラレ (Pythium irregulare) ゴボウ根腐病
186 アファノミセス コクリオデス (Aphanomyces cochlioides) ほうれん草
187 ピシウム アファニデルマタム (Pythium aphanidermatam) 綿腐病(トマト・果実に発生)
188 スクレロチウム セピポウム (Sclerotium cepivorum)  
189 ホモプシス ベーサン (Phomopsis vexan) なすの褐紋病
190 リゾクトニア ソラニー (Rhizoctonia solani) 根腐病・苗立枯病・立枯病
(アブラナ科キャベツ)
191 フィトフィトラ メガスペルマ (Phytophthora megasperma)  
192 フィトフィトラ ニコチアネ (Phytophthora nicotianae) タマネギ
193 フィトフィトラ カプシン (Phytophthora capsici)  
194 プラスモディオフォラ ブラシカエ
(Plasmodiophora brassicae)
根こぶ病
(アブラナ科 白菜など)
195 コレトトリアム ホモイデス (Colletotrichump homoides) 炭素病、イチゴ・トマトの病原菌
196 コレトトリアム フラガリエ (Colletotrichum fragariae) 炭素病、イチゴの病原菌
197 サッカロミセス セレジン (Saccharomyces cerevisiae) パン酵母
198 サッカロミセス ルキシー (Saccharomyces rouxii) 酵母

Bacterria(細菌)

1 アスタ エロウス (Aster yellows)  
2 ブラストマイセス イタリーカム (Blastomyces italicum)  
3 バシラス セレウス (Bacillus cereus) 枯草菌(水系塗料)、食中毒
4 バシラス ミカイデス (Bacillus mycoides) 枯草菌
5 バシラス メガテリウム (Bacillus megaterrium) 枯草菌(巨大菌、広く分布している腐生土壌菌)
実験室汚染を起こす事が多い
6 バシラス アンスラシス (Bacillus anthracis) 炭疽菌、炭疽の原因菌
7 バクテリウム バルガ (Bacterium vulgaro)  
8 バクテリウム ロシナアム (Bacterium pyocyaneum)  
9 ブラストミセス ダマティディス (Blastomyces dermatidis) ブラストミセス症、輸入感染症の原因菌
10 クロストリジウム アセトブチリカム
(Clostridium acetobutylicum)
嫌気性芽胞形成桿菌
11 クロストリジウム スパロゼネス (Clostridium sporogenes)
12 カンピロバクター フィタス (Campylobacter fetus) 敗血症、心内膜炎、関節炎、随膜炎下痢症など
13 クラストリディウム パフリゲンス
(Clostridium perfringens)
食中毒菌(ウェルシュ菌)、ガス壊疽
14 クラストリディウム ディフィシル (Clostridium difficile) 偽膜膜性大腸炎の90%以上
15 クロストリジウム ボトリナム (Clostridium botulinum) 食中毒菌(ボツリヌス菌)
16 デスルフォビブリオ デザルホリカンス
(Desulfovibrio desulfuricans)
[硫酸還元菌]
Spirillaceae科の1属
17 エシェリキア コリ (Escherichia coli) [大腸菌]
腸管感染症(下痢)、尿路感染症、虫垂炎、腹膜炎、敗血症、胆のう炎、胆管炎、随膜炎、新膜炎など
18 エンテロバクター アエロゲネス (Enterobacter aerogenes) 日和見感染
19 エンテロコッカス フェカーリス (Enterrococcus faecalis) [エンテロコッカス属]
健常者の腸管に常在
ときに尿路感染症、心内膜炎、菌血症の起因菌となる
20 エンテロコッカス フェシウム (Enterrococcus faecium)
21 エンテロコッカス ニストリティカ
(Enterrococcus nistolytica)
22 フソバクテリウム ヌクレアータム
(Fusobacterium nucleatum)
[紡錘菌]
口腔粘膜、肺粘膜あるいは腸粘膜に壊疽性ないし潰傷性の潰瘍を起こす事あり
23 フラボバクテリウム アミノゼン
(Flavobacterium aminogenes)
(F.meningosepticumは乳児随膜炎の原因菌)
24 クレブシエラ ニューモニアエ (Klebsiellap neumoniae) 肺炎桿菌
25 カンピロバクター ジェジュニコリ
(Campylobacter jejuni/coli)
ヒトは経口感染によって胃腸炎を起こす
食中毒
26 ラクトバシラス アシドフィラス (Lactbacillus acidophilus) ラクトバシラスは一般的に病原性なし
27 ラクトバシラス プランタラム (Lactbacillus planntarum)
28 リステリア モノシトゲネス (Listeria monocytogens) 食品汚染菌
29 レジオネラ ニューモフィラ (Legionella pneamophila) グラム陰性好気性桿菌
30 ラクトバシラス ブルガリクス (Lactobacillus bulgericus) 病原性なし
31 ミクロコッカス グラタミカス (Micrococcus glatamicus) 小球菌
32 ミクロバクテリウム ツベルクローシス
(Mycobacterrium tuberculosis)
[結核菌]
その他結核性随膜炎、粟粒結核、腎結核、腸結核、間接結核など全身の臓器や組織に感染する
33 ビブリオ バルニフィカス (Vibrio vulnificus) [結核菌]
その他結核性随膜炎、粟粒結核、腎結核、腸結核、間接結核など全身の臓器や組織に感染する
[好塩性菌]
敗血症、創傷感染
34 ミクロコッカス カゾリティカス (Micrococcus caseolyticus) 小球菌
35 ミクロコッカス フォーゼン (Micrococcus pyogenes)
36 ミクロコッカス カンジダス (Micrococcus candidus)  
37 パエシロミセス リカシナス (Paecilomyces lilacinus) 小球菌
38 パディオコッカス ソアエー (Podiococcus soyae) 日和見病原性菌(皮膚・水環境汚染)
39 シュードモナス エルギノーサ (Pseudomonas aeruginosa) 緑膿菌(院内感染・ヤケド後の感染)
40 シュードモナス フルオレッセンス
(Pseudomonas fluresceus)
緑膿菌(院内感染)
41 パエシロマイセス バリオティー (Paecilomyces variotti) 日和見病原性菌(皮膚・水環境汚染)
42 プロテウス ミラビリス (Proteus mirabilis) 変形菌(化膿性疾患・尿路感染症)
43 プロテウス ブルガリス (Proteus vulgaris)
44 ピシウム バンテルプーリー (Pythium vanterpolii)  
45 リラシアム シネレアム (Phyrasium cinereum)  
46 リゾクトニア バイオラシー (Rhizoctonia violacea)  
47 リゾクトニア ソラニ (Rhizoctonia solani)  
48 リケッチア リケッチー (Rickettsia rickettsii) 紅斑熱リケッチア
49 スパロバロマイセス ロシュー (Sporobolomyces roseus)  
50 ストレプトコッカス ラクティス (Streptococcus lactis)  
51 スキゾサッカロミセス パンブ
(Schizosaccharomyces pombe)
 
52 サッカロマイカダス ラドウィギー
(Saccharomycodes ludwigii)
 
53 ストレプトコッカス ファエカリス (Streptococcus faecalis) 腸球菌
54 ストレプトコッカス テレモフィラス
(Streptococcus thermophilis)
 
55 ストレプトマイセス グリセウス (Streptomyces griseus) [放線菌] 抗生物質streptomycin産生
56 ストレプトマイセス オーレオファシエンス
(Streptomyces aureofaciens)
[放線菌]
抗生物質partricin産生
57 ストレプトマイセス カスガエンシス
(Streptomyces kasugaensis)
放線菌
58 スタフィロコッカス アウレウス (Staphylococcus aureus) [黄色ブドウ球菌]
入院患者由来材料から分離されるS.aureusの多くはMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)日和見感染、食中毒
59 サルモネラ タフィマリアム (Salmonella typhimurium) ネズミチフス菌
60 スタフィロコッカス エピデルミディス
(Staphylococcus epidermidis)
[表皮ブドウ球菌]
尿路l感染症、感染性心内膜炎、カテーテル菌血症、日和見感染の原因
61 ストレプトベティシリウム レティカルム
(Streptoverticillum reticulum)
土中生物
62 スタフィロコッカス フェカリス (Staphylococcus faecalis)  
63 サルモネラ エンテリティディス (Salmonella enteritidis) 胃腸炎、食中毒
64 サルモネラ エンテリカ (Salmonella enterrica)
65 サルモネラ アリゾナエ (Salmonella arizonae)
66 サルモネラ パラティフィ (Salmonella paratyphi) パラチフス
67 サルモネラ コレラシス (Salmonella choleraesuis) [ブタコレラ菌] 胃腸炎
68 ストレプトコッカス アガラクチアエ
(Streptococcus agalactiae)
産道感染による新生児の髄膜炎、敗血症、性感染症
69 セラチア マルセセンス (Serratia marcescens) 日和見感染
70 セラチア リグファシエンス (Serratia liguefaciens)
71 サジェラン マサイク (Sugeran mosaic)  
72 スタフィロコッカス オミニス (Staphylococcush ominis) 日和見感染
73 スタフィロコッカス アガラクティア
(Staphylococcus agalactiae)
 
74 スタフィロコッカス ニューモニアエ
(Staphylococcusp neumoniae)
 
75 スタフィロコッカス ポジエン (Staphylococcus pyogenes)  
76 セラチア サリナリア (Serratia salinaria) 日和見感染
77 ストレプトミセス ルブリレティキュリ
(Streptomyces rubrireticuli)
放線菌
78 サルモネラ タイファサ (Salmonella typhosa) チフス菌
79 サルチナ フレイバ (Sarcina flava) サルチナ属(無芽胞嫌気性菌)
80 トルラ ニグラ (Torula nigra) イースト菌
81 ゼマクチノミセス ブルガリス
(Thermoactinomyces vulgaris)
放線菌
82 ビブリオ パラヘモリティカス (Vibrio parahaemolyticus) 腸炎ビブリオ
83 ビブリオ フルビアリス (Vibrio fluvialis) 食中毒、下痢症
84 ビブリオ ミミカス (Vibrio mimicus) 食中毒
85 ビブリオ オマ (Vibrio omma)  
86 ロドスフェラ ルコトリカ (Podosphaera leucotricha) うどん粉病
87 シュードモナス シリンガ (Pseudomonas syringae) ウメのカイヨウ病
88 シュードモナス ソラナセラム
(Pseudomonas solanacearum)
トマトの細菌症、青枯病
89 エルウィニア カロトボラ (Erwinia carotovora) キャベツ・白菜の細菌病、軟腐病

Algae(藻類)

1 アナサイスティス ニガランス (Anacystis nidulans) 藍藻
2 アナサイスティス モンタナ (Anacystis montana)
3 アナサイスティス サマーリ (Anacystis thermale)
4 アナベナ スピーシーズ (Anabaena sp.)
5 アンキストロデスマ アンガステス (Ankistrodesmus angustus)  
6 クロレラ バルガリ (Chlorella vulgaris) 緑藻
7 クラドファラ グロメラタ (Cladophora glomerata)
8 クラモドモナス レイアルディ (Chlamydomonas reinhardii)  
9 クロロコッカム スピーシーズ (Chlorococcum sp.) 緑藻
10 カロスリックス パリエティナ (Calothrix parietina) 藍藻
11 サイリンドラカプサ スピーシーズ (Cylindrocapsa sp.)  
12 クロレラ エマゾーニ (Chlorella emersonii) 緑藻
13 オルミディアム スピーシーズ (Hormidium sp.) 藍藻
14 メソティニアム スピーシーズ (Mesotaenium sp.)  
15 ナスタカレ スピーシーズ (Nostocales sp.) 藍藻
16 ナビキューラ スピーシーズ (Navicula sp.) 珪藻
17 オッセラトリア ルーティーエー (Oscillatoria lutea) 藍藻
18 プロロコッカス スピーシーズ (Pleurococcus sp.) 緑藻
19 サイトニマ ホフマネ (Scytonema hofmannii) 藍藻
20 バトラコスペルマ スピーシーズ (Batrachospermum sp.) 紅藻
21 ハイルデンブランディア スピーシーズ (Hildenbrandia sp.)
22 シザスリックス スピーシーズ (Sehizothrix sp.)  
23 トライボネーマ スピーシーズ (Tribonema sp.) 黄緑藻
24 トレンテポーリア オダラダ (Trentepohlia odorata) 緑藻
25 トレンテポーリア アウレア (Trentepohlia aurea)
26 ウロトリカセー スピーシーズ (Ulotrichaceae sp.)
27 ジゴゴニウム スピーシーズ (Zygogonuim sp.)